ジューンブライドの由来

Pocket

こんにちは。
Web担当髙橋です。
 
蒸し蒸しと湿気の多い日が増えてきましたね。
いよいよ梅雨入り間近になってきたなぁ、と感じます。
くせ毛の私は、この時期はいくら頑張ってブローしても
外に出たとたんに髪の毛がボワボワと広がってしまうので、
まとめ髪専門の日々となります。
 
朝はバタバタして時間もないので、ゴムで縛ってくるくるっとお団子。
時間がかからない簡単な髪形ばかり。
毎日同じでもいいのですが、それではちょっとつまらないので
時間のある時に、編み込みをしてみたり、ネジってみたりと
普段はやらないワザ!?を使ってみたり、
結んだり、留める位置を普段とは変えてみたりと楽しんでみています。
 
TAK_2986
もうすぐ6月。
「ジューンブライド」に憧れて、6月に結婚式や披露宴を予定されるカップルは多いですよね。
ジューンブライドの主な由来は3つの説があるそうです。
 
 
1.女神JUNO
6月の月名である「JUNE」と、
ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」が由来。
6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。
この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝え。
 
この由来にあやかって6月に結婚したいと憧れる方、多いですよね。
 
 
2.天候・気候
ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、
気候なども適しています。
また、「復活祭」が行われる月でもあるため、
ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、
多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝え。
 
でも、日本の6月は湿気の多い梅雨。
空梅雨だったり、梅雨の晴れ間に式ができればいいでしょうけれど、
それは、「天のみぞ知る」ことなので、当日までドキドキですね。
 
 
3.結婚解禁説
農作業の妨げとなることから、
ヨーロッパでは3月~5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていたそうです。
そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、
その分祝福も多かったため、
多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という言い伝え。
 
日本でもお仕事や立場によりますが、
年度末を終え、新年度のバタバタから落ち着いている時期でしょうか?
 
 
こうしてみると、由来の2と3は
「多くの人に祝福されるから幸せになれるだろう」
という、同じ理由なんですよね。
ということは、何月でもたくさんの人に祝福してもらえるような
カップルは幸せになれる♪
 
 
もともと日本では6月は、結婚式・披露宴の閑散期だったそうなんです。
梅雨ですから。
そこで、結婚式場関係者が目を付けたのが、ヨーロッパの「ジューンブライド」
「ジューンブライド」が日本で広まったきっかけは、企業戦略だったんですね。
バレンタインデーのチョコレートみたい、
とこれを知ってビックリしました。
 
でもでも、やっぱりジューンブライドには、憧れがありますよね。
結婚の女神さまにあやかりたい。
 
ロケに行けない代わりにスタジオでキャンドルナイト
日本では梅雨で、湿気が多いですが、
室内はたいてい空調が効いていて快適に過ごせます。
写真の前撮りならば、チャペルの中での撮影も良いですね。
式当日には撮影できないポーズやシチュエーションでの
撮影も出来ます。
窓の外は、雨や湿気で景色がにじんで
背景が幻想的な雰囲気にもなるかもしれませんよ。
 

WEDDING PHOTO

ウェディングフォトプランについて、
結婚写真について
も〜っと知りたい方はこちらのページへ。

阿部写真館TOPページはこちら

VOICE

ウェディングフォトを撮影した
先輩花嫁の声をぎゅぎゅっとまとめました!

先輩花嫁の声を聞く

DRESS

ウェディングドレスから
カラードレスまで
花嫁の憧れのドレスをたっぷりご紹介!

お気に入りの1着を探す

PLAN

気軽にウェディング撮影♪
データ付きのプランもあり!

スタジオ撮影ができるプランはこちら。

スタジオプランを見る

もっとこだわりたいあなたには
ロケーション撮影がオススメ!

ロケ撮影ができるプランはこちら。

おすすめロケーションを見る

ACCESS

阿部写真館へのアクセスはこちら。
各スタジオ情報も!

スタジオ店舗はこちら

CONTACT

ウェディングフォトについて
情報が詰まった資料を無料でお届け!

無料資料請求ご相談はこちら
この記事がいいなと感じたら
ぜひお友達に紹介してくださいね ↓

© 2021 結婚写真・フォトウェディング|大阪