和装の種類みんな知ってる?!結婚式の衣裳紹介!フォトウェディングももちろん可◎

Pocket

みなさんこんにちわ
第2回目のブログ投稿、カメラマンのクルです。
(前回のブログが硬いとのお声もいただいたので少しフランクにしてみましたww)
今回、お話をしようと思うのは結婚式やフォトウェディングでの衣裳で和装についてです。
和装…。
みなさんは和装と聞くとどのようなイメージが湧きますか?
僕はこの業界に入る前までは和装のことなんか全く知識がありませんでした。
もちろん、身近に和装のことが関連されることが無かったのもありますが、あまり知らない人も多いかと思います。
知識の無かった頃の僕がせいぜい和装と言われてイメージするのは
着物、浴衣、草履、下駄…。
「時代劇に出てくる登場人物が着ている服」
ぐらいでしか和装のイメージはありませんでした。
僕の祖母が着物を着るのが好きだった思い出があるので、今思い返すと祖母の家では和装を着る時の小物がたくさんあったなと思い出しました。
結婚式では、和装といっても色々ありますよね。

↑↑我らが阿部拓歩代表夫妻の貴重な和装写真↑↑
結婚の和装というとこのイメージですよね!
 

〜男性が着る和装〜

◆紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)
基本的に挙式、披露宴の両方で着れる衣裳ですね。
桜 結婚写真 
一般的には黒色の紋付を着られる方が多いですが、中には青系や白、赤なんかを選ばれる新郎様を見たこともあります。
 

〜女性が着る和装〜

新婦様が着られる和装として大きく分けると2種類が多いかと思います。
 
◆白無垢(しろむく)
花嫁が着る和装の中で一番格式が高い婚礼衣裳とよく言われます。
一番外側に羽織る打掛も帯や小物も全て白一色です。
真っ白なその色には
「嫁いだ先の色に私は染まります」
「神聖な儀式を執り行うために身を清める」
といった意味もあります。

確かに、和婚式の挙式では白無垢姿ですね。
挙式で白以外の和装をされているのを見るのは人前式だけですね。
 
◆色打掛(いろうちかけ)
先ほどの「白」以外の打掛を色打掛と言います。
文字通り色とりどりの打掛があります。
やっぱり人気が高いのは「赤」や「金」とかでしょうか。
「黒」なんかも、昔にあったドラマの大奥のようでカッコイイ!と人気のあった時期もありました。
色打掛は一般的には披露宴のお色直しで着られることの多い和装ですね。

今では結婚式ではお色直しは当たり前のように行われて、
和装から洋装、洋装から和装
と、衣裳チェンジの意味でされていますが、
お色直しは昔、白無垢から色打掛に着替えるということで
「真っ白の自分を相手のお家に染まります」
という意味合いで始まったのだそうです。
深いですね…。
 

ここからはこだわりのある方がされる和装の紹介です。

◆振袖
振袖と聞くと、成人式を思い浮かべる方が多いかと思いますが、まさにその時に着た振袖を結婚式で…といった新婦様が最近は多いです。
「お母さんが買ってくれた振袖です」
「お母さんが着ていた振袖です」
といったように、代々受け継がれて着られる方もいらっしゃいます。
洋装のドレスのように流行りに囚われることなく着こなせるのも和装の良い点かもしれませんね。
 
◆十二単衣(じゅうにひとえ)
十二単衣と聞くと、「12枚も着物着てんの?!」と僕も思ってました。
実際はそんなにも多くなく、たくさん着ることを数字の12で表しているのだそうです。
「え?!十二単衣なんか結婚式で着るの?」と思われる方も多いかと思いますが、実際の結婚式でも着られる方は少ないですがいらっしゃいます。
結婚式で十二単衣は皇族の方しか着れないと思う方もいますが、芸能人の方なんかもたまに着られて、その時は人気が出たりしますね。
実際、阿部写真館のスタッフのお嬢さんも十二単衣をお色直しで着てました。
他のヒトとは違う和装を着たい!と思う方は是非
 
◆新和装
こちらは聞きなれない言葉かもしれません。
僕も最近まで知らなかった和装の種類です。
「和」の中に「洋」を取り入れた新しい和装。
着物の素材にドレスで使う生地を使用したり、柄がバラなどの花柄だったりと現代風な柄を取り入れたりしています。
洋髪なんかもよく似合うスタイルだと思うので、和装も着たいけど洋装も捨てがたいという方にはオススメですね。
 
◆小物関係
こだわりの一つにブーケがあります。
和装にブーケっておかしくない?という意見も聞いたことがあります。
でも、実際はお花でブーケを作って手元にあったりします。
ただ、その形が和装特有で、手毬のように丸いボールのような形になってアレンジされたボールブーケや、扇子にお花が飾られた扇子ブーケがあります。
またそのような定番の和装のブーケにとらわれずに、珍しくてお洒落なブーケもたくさん登場してきてます。
デザインのアレンジ一つで大きく印象が変わるので、ブーケも自由に選べますね。
 
このように和装の良いところは、
少しの流行の中に、昔からの古き良きものが残っているし、残されているところです。
なので昔の古い着物でも帯や小物で印象を変えたり、ヘアアレンジで180度印象が変わります。
「着物一枚、帯三本」という言葉があるくらいですから。
その良さを一度感じると、和装の魅力に取り憑かれる人が少なくないのも和装の良いところですね。
和装 結婚写真 ロケーション
 
阿部写真館では、和装は今20着ほど取り揃えてます。
また、新しくオリジナルの打掛も製作中です。
それこそまさに十二単衣になる予定の衣裳になります。お楽しみに!!!!
 
和装に詳しいスタッフも在中していますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。
 
また、ただいま京都スタジオもオープンして京都ロケもご好評いただいてます。
是非とも、紅葉のこの季節に和装で写真を撮ってみませんか??
 
あなたにあった和装の提案ができると思いますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。
 
大阪店のHPはこちら
京都店のHPはこちら

WEDDING PHOTO

ウェディングフォトプランについて、
結婚写真について
も〜っと知りたい方はこちらのページへ。

阿部写真館TOPページはこちら

VOICE

ウェディングフォトを撮影した
先輩花嫁の声をぎゅぎゅっとまとめました!

先輩花嫁の声を聞く

DRESS

ウェディングドレスから
カラードレスまで
花嫁の憧れのドレスをたっぷりご紹介!

お気に入りの1着を探す

PLAN

気軽にウェディング撮影♪
データ付きのプランもあり!

スタジオ撮影ができるプランはこちら。

スタジオプランを見る

もっとこだわりたいあなたには
ロケーション撮影がオススメ!

ロケ撮影ができるプランはこちら。

おすすめロケーションを見る

ACCESS

阿部写真館へのアクセスはこちら。
各スタジオ情報も!

スタジオ店舗はこちら

CONTACT

ウェディングフォトについて
情報が詰まった資料を無料でお届け!

無料資料請求ご相談はこちら
この記事がいいなと感じたら
ぜひお友達に紹介してくださいね ↓

© 2021 結婚写真・フォトウェディング|大阪